弔電を送るときに気を付けること

No Comments

電報でよく利用されることの多い弔電ですが、弔電にはマナーがあります。お悔みの言葉を送る言葉になりますのでマナーを守り、相手に失礼のないように気を付けてください。マナーは些細なことですがとても大事なことです。自分の気持ちが誤解なく伝わるようにするためにも弔電のマナーはしっかりと守っておきましょう。

弔電を送るときに気を付けないといけないことですが、基本的に葬儀などの前日に届くようにすることです。電報は緊急連絡用という側面からでも、当日に売って当日に届けることができるのですが、弔電は早めに送るのが礼儀です。お通夜などには前日では間に合わないこともありますが、それでも3時間前には届くように心がけましょう。

弔電を送る先は葬儀の行われる会場に送ります。自宅ならでやるなら自宅に、葬儀会場があるなそちらの会場に送ります。宛名は喪主にしますが、もしも喪主が分からないときには故人の遺族宛てで送ります。

この他にも個人か法人かでも送り方には違いが出てきます。弔電には細かい決まりがあります。面倒かもしれませんし普通は知る機会もないと思いますが、もしも弔電を送らないといけないといったときにはまずマナーというものを考えて送ってみてください。